東レシルック着物・洗える着物・浴衣専門店 名古屋浴衣通販 おべべや

メニュー

お買い上げ10,000円以上送料無料

休業日/お知らせ
※(4/19〜のご注文分より) 展示会の為 商品在庫の確認 ならびに発送にお時間が かかる場合があります。
4月23日(月)以降の 発送となります。

在庫の有無は必ずメールにて お送り致します。 ご迷惑をおかけ致しますが ご了承下さい。
・休業日・
5月5日(土)
5月9日(水)
6月13日(水)

商品の発送・メールの確認・ご返信が出来ません。 また、ご来店の予約も承れませんので、ご了承下さい。

ショップ紹介

単衣小紋

単衣小紋

お仕立てをご希望の方へ

着付け教室
初心者の方も大歓迎です!
「1回きり」の講習もOK!
詳細はこちらから>>



    東レシルックとおべべやの歴史

    東レシルックとおべべやの歴史

    東レシルックとおべべやの歴史

    東レシルックとおべべやの歴史

    シルック着物 染 工場見学

    シルック着物 染 工場見学

    シルック着物 染 工場見学

スタッフブログ フェイスブック

おべべやイベント情報

きもののプロスタッフがご対応いたします!

いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > ■東レシルックの特徴 > "居敷当て"って何?





youtubeで観る>>

「居敷当て」とは…


 ●着物や長襦袢のお尻や背中部分にある白い当て布のこと
 ●単衣・絽・浴衣などの夏物にだけ使用

「居敷当て」の役割


 ●お尻部分にかかる力を両脇に分散 着物の引け(裂け)防止に
 ●下着などの透けを防止

着物・襦袢どちらに付けたらいい?


白地や綿絽の浴衣などには居敷当てをつけることを おすすめします。
基本的には着物と襦袢どちらを優先的に付ければいいでしょうか


 ●両方に居敷当てをつけても問題はありませんが、
  単衣や絽の着物の季節を考えると暑くなってしまいます。

 ●おべべやでは襦袢につけることをお勧めしています。
  当店で扱っている紙人形プレタ襦袢のように襦袢の方につけていれば、
  その都度着物に居敷当てをつける必要はありません。