いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > 東レシルック洗える着物 > 東レシルック 付下げ




絹と変わらぬ作業工程

シルック付下げは、絹の着物を染色する、京都の職人が染めています。着物の染色工房でよく見かける枠場に白生地をかけて刷毛で染める作業。 絹とまったく変わらない作業が、東レシルックにも行われているのです。 染料と素材が違うだけで染色過程は絹の着物と全く同じという事実。
染料の配合も、一度に多く染めるわけではないのでミリグラム単位での染料の配合データを取って、色違いが出ないような管理がなされています。 付下げのぼかしや八掛など、手でなければ出しにくい染めの味わいを出す工夫がされています。

ご家庭の洗濯機で丸洗いが可能!

絹と変わらない作業をしていても、もちろん丸洗い可能。シルックは、やっぱり気軽に洗えるのが魅力。いつも清潔な状態でお召いただけます。 だから、経済的にも優しく、しみ抜きや、クリーニングに出す必要がありません。
※金糸、銀糸、箔仕様の着物に関しては、手で押し洗いのみとして下さい。黒ずみや摩れの原因となります。

当社で実際にシルック着物を洗ったメンテナンス方法はこちらからご覧頂けます。動画もありますのでぜひご参考に!

↑実際にシルック着物を洗濯機で洗いました。

付下げ訪問着はこちら >>

シルックに関する不明な点、心配事や不安なことがございましたら
お電話・メールなどで、気軽にご相談くださいませ。




57 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ










57 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ